個別機能訓練

2022年5月16日月曜日

0 コメント
今回のブログでは機能訓練指導員による個別機能訓練の様子をお知らせします。 まずプラットホームでの可動域訓練・上下肢のストレッチです。
可動域訓練では関節の拘縮予防や改善を行っています。可動域が拡大することで日常生活動作(ADL)での制限する要因を減らすことができます。 次は歩行訓練です。平行棒内での歩行だけではなく、段差昇降訓練なども実施しています。
利用者様の状態に合わせて毎日機能訓練を実施しています。

4月からの取り組み

2022年5月11日水曜日

0 コメント
4月から時の実では新しい取り組みを行っています。 以前は全利用者で体操など行っていましたが、4月より総合事業の方は3Fリハビリフロアにて機能訓練、要介護の方は4Fフロアで認知症予防訓練を実施しています。 今回は3Fで行っている運動器機能向上プログラムを紹介します。 DAMを使用し、テレビを見ながら身体を動かしていきます。
機能訓練指導員がしっかりと動かす場所や動かし方など指導も行っています。
利用者様から「今までも上でしよったけど、真面目にしたらこんなにしんどいんやね~」「今日の夜はよく眠れそうやわ」「少し足が軽くなった気がする」などうれしい声をいただいています。 毎月メニューを変更していく予定です。5月は現在棒を使った運動を実施しています。その様子は次回お知らせしますので、お楽しみに!!
 

Posts Comments

©2006-2010 ·TNB